今からはじめる資産運用

バイナリープラスの300%ペイアウト率は嘘!?

バイナリープラスの300%ペイアウト率は嘘!?

300%のペイアウト率は嘘だった?バイナリープラス

今は閉鎖したバイナリープラス

バイナリープラスは高いペイアウト率や性能の良い取引プラットフォームなど、全体的にバランスの良さがアピールされた海外バイナリーオプション業者でした。

「でした」と過去形なのは、実はこのバイナリープラス、先日急にサイトが閉鎖されてしまったのです。おそらく捜査当局の手が及びそうになったのかもしれません。まだ運営中だった頃のバイナリープラスのページをチェックしてみると、最低入金額がなんと1000円からと一般的な水準と較べてかなり安く設定されています。この敷居の低さによって初心者を多く集めようとしていたようですね。

バイナリープラスの実態

バイナリープラスの取引方法は一般的なハイロー取引に60秒の短期取引、ワンタッチ取引、レンジ取引とオーソドックスな取引は全て用意されていました。また、ユーザーサポートも日本語対応だったようですが、一部ではこのバイナリープラスはそもそも日本人が日本国内で運営していたものではないか?との話もあるようです。つまり海外バイナリーオプション業者ですらなかったということですね。

バイナリープラス体験者の実話

情報提供者によると、バイナリープラスは長く使えば使うほど、徐々に勝率が落ちていく不自然さがあったようです。最初のうちは意図的に勝たせておいて旨味をトレーダーに覚えさせ、そのあとジワジワ絞りとっていくというという方法だったのでしょう。トレーダーがどんどん追加資金を投入し、「これはおかしいな?」と気付き始めたところでサイトを閉鎖して逃亡したものと考えられます。このような方法は他の悪質業者でも見られるもので、彼らにとっては比較的一般的な手口のようです。いきなり出金を拒否されるわけでもありませんし、実際取引開始直後は勝率が高い状態となりますから詐欺であると発覚するまでに時間が掛かってしまうのも特徴です。どうしても勝ちたくなってしまうトレーダー心理をうまく利用しているわけです。

既にバイナリープラスのサイトは閉鎖されていますから、この業者による新たな被害者は増えることはありません。ただ、お金を入金しっぱなしの状態で姿を消されてしまったトレーダーにとってはたまったもんじゃありません。責任の所在も含め、日本の警察がどのあたりまで突っ込めるのか不確定な部分も多いのですが、再発防止のためにも頑張ってもらいたいところです。

FXの基本を知ろう投資の種類って?何が人気なの?!