今からはじめる資産運用

デイトレードによるFXの攻略法

デイトレードによるFXの攻略法

デイトレードによるFXの攻略法

FXでよく聞くデイトレードと何か?

FXの取引スタイルの一種であるデイトレードはその1日の間で取引をして約定まで済ませるスタイルです。その日に取引を終わらせるためポジションを持ち越すことがなく、ニューヨーク市場による深夜の変動に不安になる心配もありません。スキャルピングと違うところは1日の間で取引を終わらせるというスタイルであるため、あちらが短時間で取引を繰り返すのに対し、こちらは1日の間に1回もしくは数回取引をして相場が動くことによる一定の利益を得るものになっています。

はじめてのFX取引はデイトレードから勉強しよう

1日で終わらせ、取引回数も多くないため普段仕事をしている方でも取ることができ、スキャルピングのように集中力と判断力が問われないためこれからFXで取引をするのであればまずこの取引スタイルを前提としてしていくことを考えることになるでしょう。デイトレードで攻略をしていくのであれば当然相場の流れを分析する必要がありますがその前に自分なりにデイトレードに対する取引ルールを決めておきましょう。

ある程度の時間ポジションを保持しておくことになるため、予想の反対側に行く恐れもあります。もちろん相場は絶対ではないため時には「負け」が確定してしまうのは仕方がないことではありますが負ける時は負ける時でそれで出る損失を抑えるように考えなければいけません。そのためどこで損切りするかを決めておきましょう。相場の流れはもちろんですが人によって許容範囲も変わってくるために損切りポイントは一定ではなく自分で考えなければいけないのです。

損失面はもちろんですが利益面に関してもどこで約定、利食いをするか決めておきましょう。これを決めておかないと「もっと利益が大きいところで」と欲が出てしまい、結果的に利益が少なくなったり、損失に繋がってしまうことがあるからです。これも相場の流れを見て自分で決めておく必要があります。

テクニカル分析とトレンドの状況はチェックすること

その日に取引を終わらせるためテクニカル分析で利用するチャートも1時間足、5分足といったものになります。しかし日足もそれ以下の時間足の動きに影響を与える時間足であるため、常時見る必要はありませんが定期的に確認をするようにしましょう。

トレンドの発生を確認してそれに乗ることができれば安定して利益を出すことができますが毎日都合よくそのような流れになることはありません。もちろんトレンドが発生しているかどうかを確認するのは大事ですが、時にはトレンドまでとはいえないが動きが一定の方向にあるという場面を狙う必要もあります。トレンド以外で取引を狙うのであればボリンジャーバンドやRSIといった反転による予想ができるテクニカル指標を利用するといいでしょう。

本当に稼げる投資の条件とは?FXを攻略するにはスキャルピング?