今からはじめる資産運用

株式投資の体験談!成功者と退場者の違いって?

株式投資の体験談!成功者と退場者の違いって?

株式投資の体験談!成功者と退場者の違いって?

株式投資の仕組み

個人投資家から相変わらず強い関心を集めているのが株式の世界です。株式投資はご存知の通り、公開株式市場へと株式を上場している民間企業の株を売買するもので、基本的には好業績の銘柄や割安だと思われる銘柄を自分の価値基準に従って購入し、いずれ値上がりしたタイミングで売却するというのが一応の流れとなっています。

この株式投資では莫大な利益をあげ大金持ちになった個人投資家もいれば、逆に地味に損を出し続けて相場から退場せざるを得なくなった負け組トレーダーもいます。それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。今回は株式投資に成功し、小金持ちとなったAさんと、わずか3ヶ月で株式市場から退場したBさんの両者に簡単ではありますが体験談としてのコメントを頂いて来ました。

Aさんはなぜ成功できたのか?

それではまずAさんです。Aさんには日頃株式投資を行うにあたって習慣化しているルーティンワークについて伺ってみました。

「私は既に4年程株式市場で頑張っているのですが、二年目以降はずっと年間利益が2000万円を超えています。税金でかなり持っていかれますけど一応成功している部類だとは思いますね。私が毎日行っている投資のやり方は、とにかく値動きの良い新興株を短期間で売買し、必ずその日のうちに全てのポジションを決済してしまうというものです。株式投資で一番気をつけなければならない点は、一度の取引で大きな損失だけは絶対避ける、という事です。とにかくヒットアンドアウェイを心掛け、同じ銘柄でニ連敗したら必ず間を開けて一旦状況分析の時間を設けます。勝つことより負けないことを優先してる、って感じですね。」

Bさんはなぜ失敗してしまったのか?

一方、退場してしまったBさんのお話です。一体Bさんの投資方法の何が悪かったのでしょうか。振り返りながら語って頂きました。

「うーん、あんまり思い出したくない日々ですけどね。株式投資時代は。あの頃は自分の知っている有名企業の株式を中心に買い続けていました。基本的には値下がりしてもストロングホールドしていましたね。必ず上がると信じていましたから。ただ、それが悪かったんですけどね・・・。最終的に塩漬け銘柄が増えすぎてしまい自由に株式を購入できる資金がかなり減ってしまったんです。持ってる株を売却してしまったら損失が確定してしまうのでそれも出来ないし・・・。悩んだ挙句最終的には精神的に耐え切れなくなって全部投げてしまいましたよ。」

いかがだったでしょうか。貧すれば鈍する、そんな言葉が脳裏によぎる内容だったと思います。株式投資では一瞬の躊躇によって負け組の沼へと引きずり込まれてしまうのです。

FXの基本を知ろう