今からはじめる資産運用

株式投資で考える銀行からの影響

株式投資で考える銀行からの影響

株式投資で考える銀行からの影響

日本の株は世界の株式市場に影響をあたえる

株式投資は株を購入する投資です。株は株式会社が提供している商品でありこれを購入することで会社側は運営のための資金を手に入れることができ、所持する側は株主となって優待や配当金を受け取ることができます。海外でも株式投資はできますが大抵の方が購入するとなれば日本国内の株式会社を選ぶことになるでしょう。そうなるとその株式会社にも影響を与えるマイナス金利の件に関しては無視することができません

マイナス金利による株式への影響

日本銀行がマイナス金利を行うと、それが提示された途端に株価には影響が出ます。実際に以前の株価の相場を見れば分かるとおりに不自然に下降が始まったり、大きく上がったがすぐに大きく下がるという動きをしている時間が見られると思います。そうした動きを見せることは他の情報もありますがマイナス金利の政策が銀行側から導入されたことで起こっていることもあります

この影響は業種と会社によって変わり、不動産や観光業者の場合にはプラスになることが多く株価も右肩上がりになる可能性が高いです。逆に銀行を始めとした金融系はマイナスが大きくなり下がることが多いです。株式投資をするのであれば購入する会社の株がどのような影響を受けるかを理解しておくといいでしょう。

全体の株式状況を表している日経平均株価

日経平均株価は全体を現しての株価であるため下がることの方が多いです。これに関しては銀行を始めとした金融系の影響の方が受ける度合いが大きいため起こる現象といえます。株式投資自体は日経平均株価を対象に取引をすることはできないためにそこまで気にする必要はないかもしれませんが全体の目安として存在するため他の好調である株価に影響を与える可能性はあるのです。

下がるという関係から株式投資においてはマイナスな影響を受ける可能性が高いです。株価が下がってしまえば当然それは株式会社の運営にも影響してくることになり定期的にもらえた配当金の金額が下がるどころか無配当、もらえなくなってしまうことにもなるのです。一般の株式投資は売ることができないため下がりが継続するとなるとその間は手を出すのが危険な状態になってしまいます

とはいえ株式投資でもチャンスがないわけではなく証券会社での取引をすれば買うだけでなく空売りとして売るところから入ることもできるため取引のチャンスを得ることはできます。しかし株式投資自体が変動の激しいハイリスクハイリターンな投資であるためマイナス金利下における取引のリスクはかなり大きくなると考えた方がいいでしょう。

投資の種類って?何が人気なの?!本当に稼げる投資の条件とは?